オペレーターの研修制度がしっかりとしている業者がおすすめ

電話代行業者は、様々な業種の企業から支持が集まっており、従業員の不足を補ったり、営業力のアップを図ったりと様々な面で期待されています。そうした中、会社のイメージを上げる目的で電話代行のサービスを利用するにあたっては、質の良いオペレーターが常駐している業者を優先して選ぶことがとても大切です。大手の電話代行業者の中には、新人から中途採用まで様々な立場のオペレーターの集合研修や個別研修を実施したり、オペレーターの育成プログラムを用意したりしているところも少なくありません。また、業者によってはオプション料金を支払うことで、専属のオペレーターを指名できるところもあるため、契約前にじっくりと業者ごとのシステムを比較することが重要です。

ベテランのオペレーターに任せたい時には月額料金に注目しよう

オペレーターの質にこだわって電話代行業者と契約をするにあたっては、月額料金に注目をして、予算内で満足のいくサービスを受けられるか見極めをすることがポイントです。法人顧客を専門としている業者においては、オペレーターの経験やスキル、得意分野などを考慮しながら月額料金を設定しているところが多数あるため、早い時期から気になる業者の料金相場をチェックしておくと良いでしょう。また、特定のオペレーターに長くお世話になりたい場合には、特別な契約が必要となったり、通常よりも高額なコストが掛かったりすることもあるため気を付けましょう。なお、予算に余裕があれば、少なくとも数年以上の経験を持つオペレーターが在籍している業者を選択しましょう。

電話代行サービスとは、会社にかかってきた電話を社員の代わりにオペレーターが対応するサービスのことです。電話応対後は相手の名前や連絡先、用件などの内容をまとめて依頼者に連絡します。